混合廃棄物を排出させないとっておきの方法|豆知識を紹介

男性

瓦礫は再利用できる

工事現場

地震や台風などによってビルや自宅が倒壊した際は、業者に依頼して瓦礫を回収してもらうでしょう。回収業者では、ただ瓦礫を回収するのではなく、瓦礫選別を行なって再利用することができる瓦礫がないか分別します。瓦礫選別を行なってどのようなメリットがあるのかといいますと、資材を再利用できるということです。倒壊したからといって、全てのものがダメになったということではありません。一度粉々に破砕してから再生することができますので、新しく資材を用意する必要はないのです。そのため、資材を購入する費用を抑えることができますし、廃棄物の量を少なくすることができるというメリットがあります。そのため、回収業者では瓦礫選別を積極的に行なっているのです。瓦礫を再利用できるものとそうでないものと分けるためには、人の力では難しいので環境リサイクル機械という選別できる機械を使用しています。大きい瓦礫にも対処できるように大型の選別機を導入して、これを使用することで簡単に分けることが可能です。瓦礫の中には危険なものが混ざっていることが多く、機械を使用しないと怪我をしてしまう恐れがあります。ですから、安全のためにも大型の選別機が必要になります。瓦礫の中には建築物だけでなく大きな岩なども混ざっていますので、岩に関しては再利用することはできないでしょう。このような岩は粉砕して細かくする必要がありますから、処理業者では選別機だけでなく破砕機なども導入しています。瓦礫選別を行なうためにはこのような機械が必要になります。